多数の車を停められる自走式立体駐車場

狭いスペースに多数の車を駐車したい、都心部に大規模な駐車場を設置したいなど、限られたスペースを有効活用できるのが自走式立体駐車場です。たくさんの人が車で集まるショッピングモールやスーパーマーケット、宿泊客の車を停めておきたいホテルなど、多種多様な施設で採用されており、平面駐車場よりも少ない面積に多数の車を停められるのが特徴です。自走式立体駐車場は大規模な商業施設だけではなく、比較的規模の小さい施設やマンションでも活用されています。来客の車を停めるためのスペースが必要な公共施設などにも適した方式でしょう。

大規模なショッピングモールから小規模なマンションまで、多種多様な施設で活用されている駐車場です。自走式立体駐車場には主に3つの種類が存在しており、フラット式、スキップ式、連続傾床式と呼ばれています。このうちもっともシンプルなフラット式は各階をスロープで連結しているのが特徴で、車の導線が分けられていることから安全性にも優れています。フラット式の床は平坦なため、子供からお年寄りまで幅広い世代で安心して利用できるのが魅力です。

フラット式とスキップ式、そして連続傾床式のうちどれを選ぶかは立地やメインの利用者、予算によっても変わってきます。いずれの場合も平面駐車場より多くの車を停めることができるため、駐車場を作りたくても立地的に難しい場合や、用地の確保自体が困難な都心部において役立っています。自走式立体駐車場のことならこちら