自走式立体駐車場のメリットについて

都市部には狭いスペースを有効活用した立体駐車場が活用されるケースが多くなっています。大きく分けて2種類が存在しており、1つが自走式立体駐車場と呼ばれる自分で車を運転して駐車場に止めるタイプのものです。もう一つはエレベーター式の駐車場であり、車を1階で預けて機械で移動させる仕組みのものの総称です。極めて狭い敷地面積の場合には自走式立体駐車場を設置することが不可能なケースも多く、その場合にはエレベーター式のものが採用されます。

自走式立体駐車場のメリットとしては、管理コストが低く済ませることができると言う点にあります。入り口と出口さえ管理しておけば、残りの部分についてはドライバーの自己責任の範囲で調整することが可能です。出入口についても機械化することで完全に無人化することが実現している自走式立体駐車場も存在しています。このような点がメリットとして挙げられるため、ある程度のスペースが確保できる場所の場合には自走式立体駐車場の採用が一般的です。

デメリットとしては車が走行するために必要となるスペースがデッドスペースとして必要となるため、面積あたりの収容台数が小さくなる点にあります。その分高層階にする構造を選択する場合もありますが、利便性が悪くなる場合もあるでしょう。この走行スペースを確保することができない場合にはエレベーター式を採用することになるわけです。駐車場建設を予定している敷地面積に応じて構造が選択されるのが一般的です。